泣き寝入りしない

みなさんの中で多く方が仕事に就いていると思います。
会社に着いた時や帰る時は、タイムカードやパソコンなどで出社記録をして、帰る時も同じようにして帰ると思います。

日本の企業は、労働環境に関してはきちんとしていて、徹底的な管理と充実した福利厚生がある企業が多いです。
しかしながら、一部の企業ながら、残業代の出ない残業、いわゆるサービス残業があったり、休憩の基準が無かったり、就業規則がずさんだったというのが当たり前にあります。
海外のビジネスマンからは、日本人は働き蜂みたいに働きすぎだと言われているのが、よく話題になります。
朝早く出勤してきて、夜遅くまで残業しているというイメージですが、高度成長期ではあったのかもしれませんが、当時よりは企業のコンプライアンスもしっかりして労働基準法違反に関する問題が減ったかに見えました。
ですが、今でも、残業しているのに正当な残業代がもらえなったり、会社に入った途端、就業規則が違ったようなトラブルがあるのが実際のところです。ブラック企業やグレー社員というような言葉を聞いた事があるかも知れません。
しかし、弁護士に依頼すれば、残業代請求が可能という事だったり、不当な就業規則の相談が可能でもあります。

実際何時間残業していたか把握してますか?正当な残業代の額になっていますか?
泣き寝入りしないで、労働者には貰う権利があります。心当たりがある方は、弁護士に残業代請求してみましょう?
専門の弁護士での残業代請求関する相談は、まず無料です。

就業規則の相談、弁護士に残業代請求関する相談、それぞれ、誰にでも起きることで、いつ自分が当事者になるかわかりません。

イチ押しリンク

東京で法律相談を依頼するなら;おおぞら法律事務所
千葉で弁護士に相談をするなら: 房総法律

就業規則について大阪で調べたり確かめたい方はここをご覧ください!;岡本社会保険労務士事務所
残業代請求のことなら弁護士に相談を|残業代請求.net